大学受験対策は大丈夫?合格者の成功例から学ぶ絶対にやるべきこと!

大学受験対策は大丈夫?合格者の成功例から学ぶ絶対にやるべきこと!

大学受験対策は大丈夫?合格者の成功例から学ぶ絶対にやるべきこと!

 

 

自分が受験生だとよく分かるのですが、何が良くて何が悪いのか、そして今自分自身が合格という名の山の頂きの何合目付近まで達しているのか不安になることもありますよね。

 

そういった不安を抱き始めた時は、まず過去の大学受験生の成功例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

成功した方の例を参考に自分も同じ勉強方法であればモチベーションにも繋がりますし、自分とは異なる勉強法であれば軌道修正することもできます。

 

そこで今回は大学受験対策を過去の成功例から紐解いてみましたので、是非ともあなたの受験対策の参考にしてみてくださいね!

 

 

月に一度は模試を受けること!

 

僕の大学受験勉強において、一番良かったと思ったことは模試を毎月のように受験していたことです。

 

模試を受験し、間違えた箇所をチェック、やったことある問題であれば忘れていることなので思い出すために復習をする。

 

やったことのない問題を間違えたのであれば、インプットから入り、翌月の模試までに複数回アウトプットを実施する。

 

このサイクルで受験勉強を進めて細部まで勉強するようにしていました。

 

結果、志望校にも合格することができたので、この勉強方法は成功例といえるのではないでしょうか。

 

間違えた箇所だけ勉強することで勉強の重み付けも簡単ですし、やることが明確なので誰でも実践できるかと思いますので参考にしてみてください。

 

 

勉強にメリハリをつける!ダラダラと勉強はしないこと!

 

私は勉強することは当然として、その勉強のメリハリを重視していたことが大学合格へ繋がったのではないかと考えています。

 

私の成功例としては、まず時間で勉強を区切るようにしていました。

 

一日のスケジュールを時間単位で細かく分けることで勉強する時間としない時間のメリハリ、そして勉強する科目のメリハリを付けられるようになりました。

 

分からない問題があったとしても時間厳守なので、飛ばすようにしてひとまず勉強を前に進めておきます。

 

分からない問題が出てきた時は、そこだけ次の日の勉強スケジュールに個別で時間を確保して進めたりしていました。

 

受験も制限時間があるように、勉強も制限時間を設けることで、集中力も上がります。

 

勉強するしないだけでなく、勉強内容にもメリハリをつけてみてください。

 

 

最後まで自分を信じること!

 

成功例と言えるのかは分かりませんが、最終的には自分をどこまで信じ抜くことができるのかも重要だと思います。

 

僕は周りから志望校を落とせ落とせと言われていましたが、最後まで自分の志望校は変えることなく大学受験をし、合格することができました。

 

周りの意見を参考にするのは良いことですが、流されるのは違います。

 

ここの基準を自分の中ではっきりと持って、参考にする点としない点、自分を信じる気持ちと疑う気持ちを常に半分ずつ持ちながら勉強を進めていくと良いのかなと思います。

 

人とは違う参考書を使うだけで不安になる人もいますが、自分が良いと思って購入した書籍であれば、あとは使い方次第ですので、自分を信じて最後までその参考書と心中するのも良いかと思います。

 

人の意見に左右される時間ほど無駄なものは受験にはないと思いますので、是非とも最後まで自分を信じて勉強をしてみてください!

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

受験するのは誰でもなく、あなた自身ですので、最後まで自分を信じ抜いてあげることは大切ですね。と同時に、自分をしっかりと把握するためにこれで良いのか?と自問自答することも必要になります。

 

大学受験は現役の受験生にとっては未知の領域ですので、誰も正解を持ち合わせていませんし、勉強方法も人それぞれ、それゆえ成功例も全て鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考にし、自分なりに解釈して一つの解を導き出していくとよいでしょう。

 

 

 

大学受験の成功の秘訣って?成功談をまとめてみました

 

 

 

 

 

 

こちらもおすすめ!

 

 

大平俊介は詐欺?2chでの評判や口コミ,感想について