大学受験の成功談をご紹介!成功した人の勉強法やモチベーションの保ち方は?

大学受験の成功談をご紹介!成功した人の勉強法やモチベーションの保ち方は?

大学受験の成功談をご紹介!成功した人の勉強法やモチベーションの保ち方は?

 

 

大学受験を控えている人にとって,「自分は本当に大学に合格できるのだろうか?」という不安は常につきまといます。また,1年という長いスパンで頑張らなくてはいけないので,モチベーションを維持するのも大変です。

 

ここでご紹介する大学受験の成功談を読んで,大学受験に成功した人はどのように勉強を進めていたのか,また,モチベーションをどうやって維持していたのかを学び,自身の方向性の確認や,自信につなげていきましょう!

 

 

<「一発逆転」を心に誓う!>

 

大学受験の成功談をご紹介!成功した人の勉強法やモチベーションの保ち方は?

 

私が通っていたのは都内の進学校です。

 

周りはとても勉強ができる人が多かったのですが,私は高校時代全然勉強しておらず,高校3年生になったときの偏差値は40台でした。

 

そんな感じですから,高校時代はいつも成績は下から数えた方が早い状況。

 

留年の可能性すらありました。

 

3年生になって進路を考えたときに,進学校ですから,当然少数の人を除いてみんな大学に進学します。

 

そのような状況の中で,私もふと「大学に進学したい」と思うようになりました。

 

三者面談でそれを先生と親に話すと,両方から「それは厳しいのではないか」と言われました。

 

名前を書けば入れるような大学だってありますから,大学に行くのは可能です。

 

しかし,もちろんそういう大学に行きたいわけではありません。

 

親と先生に厳しいと言われたとき,「たしかにこの成績では…」と納得する気持ちと,自分に対するふがいない気持ち,それに「協力してくれてもいいのに」という怒りの気持ちなど,いろんなマイナスの気持ちが押し寄せてきました。

 

そこで一念発起して,マイナスの感情を原動力として受験に向けて頑張ろうと心に誓って,勉強を開始しました。

 

成績はとても悪かったですから,塾や予備校には行かせてもらえません。

 

独学でやらなければなりませんから,まずはインターネットで情報を集め,やる参考書を決め,赤本を買いました。

 

目標としたのは早稲田大学です。

 

まずは1学期の間に基礎となる1年生,2年生の内容をすべて終えました。

 

そして夏は3年生の内容を終えます。

 

この間ほとんど寝る間も惜しんで勉強していました。

 

2学期以降は過去問を徹底的にやりこんで,その時の模試では,偏差値が65まで上がっていました。

 

その後も勉強を続け,無事早稲田大学に合格することができました。

 

終わってみてから思うと,私の受験期はマイナスの感情との戦いだったと思います。

 

親と先生を見返してやりたい,一発逆転したい!という思いが私を突き動かしていたと思います。

 

 

<得意分野を伸ばすことに集中した!>

 

大学受験の成功談をご紹介!成功した人の勉強法やモチベーションの保ち方は?

 

現役で慶応大学に合格しました。

 

塾や予備校には通わずに,独学で勉強していました。

 

高2の秋から受験勉強を始めて,その頃からずっと得意だった英語を伸ばすことに集中して勉強していました。

 

私は文系なので,理系科目は高2の段階から,赤点を取らなければいいや程度に考えていました。

 

高3になってから本格的に受験で使う教科の勉強に取り組むことになり,そこから得意科目を伸ばすよう勉強していた効果が出てきます。

 

英語の勉強法が,他の科目にも使えることに気づき,他の科目の成績もどんどん伸びるようになってきたのです。

 

たとえば,英単語を覚えるときに,動詞を覚えるときはその動作をイメージしながら覚えていました。

 

これが,世界史の出来事を覚えるときにもイメージをしながら覚えてみたら,不思議とすぐに覚えられるようになっていたのです。

 

得意科目になるからには,理由があるということに気づきました。

 

成績が上がる方法で自然と勉強していたのです。

 

それと似たようなやり方で勉強していった結果,自然と他の教科の成績も伸び,受験を成功させることができました。

 

得意科目を作ろうとすることはとても大事だと思います!

 

 

<時間の管理が一番大事!>

 

大学受験の成功談をご紹介!成功した人の勉強法やモチベーションの保ち方は?

 

東北大学を目指して浪人時代に勉強していました。

 

勉強はすべて独学です。

 

国立大学は科目数が多いため,どの教科にどのくらいの時間を割くかがとても重要でした。

 

時間は限られています。

 

ですから,まずは勉強スケジュールを立てるところから始めました。

 

各教科に対して,何を,どれくらい,どのようにやるのかを徹底的に考えました。

 

インターネットや友達から集めた情報をもとに,過去問ともにらめっこして,スケジュールを立てました。

 

勉強を始めてからは,そのスケジュールの調整の連続です。

 

予想外に時間がかかってしまって,スケジュール通りに終わらないこともしばしば。

 

ですから,2週間に一回はスケジュールを見直しながら勉強していました。

 

1年間を1学期,夏期,2学期,直前期の4つに分け,節目節目までにやるべきことが終わるようにスケジュール管理をします。

 

1学期は基本事項の総復習,夏期は問題演習を徹底的にやり,2学期にまた総復習,直前期はひたすら過去問演習を繰り返していました。

 

その結果,11月ごろには模試でA判定を出すことができ,無事本番でも合格しました。

 

受験勉強は時間管理,スケジュール管理がとても重要だと思います!

 

 

<まとめ>

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は大学受験の成功談をご紹介しました。

 

大学受験で成功するためには,各教科の内容を理解することはもちろん,モチベーションの維持や,スケジュール管理などもしっかり行わなくてはなりません。

 

ここで紹介した成功談を参考に,大学受験の勉強を頑張っていってください!

 

 

 

これだけやれば大学受験対策は完璧?成功法まとめ!

 

 

 

 

 

 

こちらもおすすめ!

 

 

大平俊介は詐欺?2chでの評判や口コミ,感想について